消防法で定められた場所のカーテン・のれんを防炎物品に再加工致します。

防炎加工・・・防炎物品とは?

 私たち生活の中に存在する多くの繊維製品は、快適さをもたらしてくれますが、同時に燃えやすい性質があるため、タバコやライターなどの小さな火源に触れても着火しやすく、火災の原因になっています。
 繊維のこうした燃えやすい性質を改良し、燃えにくくすることによって、繊維製品が「もえぐさ」となって発生する火災を予防し、安全な環境を提供する一助として「防炎品」は誕生しました。
 昭和44年から消防法に位置づけられた「防炎規制」では、燃えにくい性質を「防炎性能」といい、消防法に定められた防炎性能基準の条件を満たしたものを「防炎物品」と呼んでいます。不特定多数の人が出入りする
施設・建築物(防炎防火対象物)で使用されるカーテン、じゅうたんや、工事現場に掛けられている工事用シート、劇場等で使用される舞台幕等も、「防炎物品」の使用を義務づけられており、それらには「防炎」の表示をつけることになっています。

消防法では、
防炎防火対象物表)の場所で使用する


カーテン、布製ブラインド等
じゅうたん等
展示用合板
舞台において使用する幕及び大道具用の合板
暗幕・どん帳
工事用シート

は、防炎物品でなくてはならないと定められています。

 

[HOME]  [防炎・防火商品]  [防炎防火対象物とは?] [防炎物品とは?]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[HOMEへ戻る]